第742回 雨のち晴レルヤ

京都府全域で晴れが続いており病気の広がるリスクも高まってきました。

ですがデメリットだけではなく土壌の乾きが早くなり畝が立てやすくなった、などメリットも多くあります。

上記の写真は水はけが悪く中々思うように畝が上げられなかった圃場です。

今回1週間丸々晴れ間が続いた事でようやく畝が立てられました。

土壌状態も若干湿っている状態で定植苗には抜群の土壌状態とも言えます。

雨、晴れの良いバランスが取れたとき畑仕事の効率もグンと上がります!

 

美山でも晴れ間が続いており、雨で予定が遅れていた作業を今回の晴れで取り戻すことが出来ました。

来週はまた雨です、、

ですが植えたての苗には潅水代わりになるのでそれはそれで良しと、、、

 

記載者:池島

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

検索

携帯サイト

qrcode